アクセスカウンタ

ANGEL BLESSING 天使の祝福

プロフィール

ブログ名
ANGEL BLESSING 天使の祝福
ブログ紹介
 
ドリーン・バーチュー博士公認 ATP(R)、フラワーエッセンス プラクティショナー、レイキマスター、アロマ環境協会インストラクターのシェリルです。アースエンジェルが「自分らしく輝いていくため」にワークショップや個人セッションを行っています。

セッション・活動内容など詳細につきましては
ホームページANGEL BLESSINGをご覧ください。
http://milmil.cc/user/cherir
zoom RSS

ブログ引っ越しのお知らせ

2015/11/19 19:52
 いつも当ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
8年ほど当サイトでブログ公開してきましたが、
サイトを引っ越しすることになりました。

 下記サイトより引き続きご覧頂けます。

http://ameblo.jp/angelblessing

 ウェリブログでご縁を頂いた方々、長い間、ありがとうございました。







記事へトラックバック / コメント


初チャレンジ

2015/11/08 21:01
 今日は大阪へ行く用事があって、朝早くから電車に乗って出かけました。
電車を降りてから改札に向かう途中、目に留まったのが、長身の男性が白い杖をついてゆっくりと歩いている姿。

 自然にそちらに足が向き、「御堂筋改札口ですか」と尋ねると、「そうです」というお返事だったので、腕に手を掛けさせてもらいました。
改札を出た後、「あっ、腕を取って誘導するんじゃなくて、私の肩を貸すんだったんだ」と気付きました。

 目の不自由な方に声を掛けたのは、今日が初めて。
ずーっと以前、同じ職場で働いていた同僚から聞いた話を思い出しました。
同僚は盲学校の近くに住んでいるので、日常的に、困っていそうな様子を見ると声を掛けると言っていたのです。
どうやってお手伝いすればいいのか、聞いてみると、「肩を貸すのがいい」という答えでした。
「なるほど。それならできるかも」と思ったのですが、盲導犬を連れた方を見掛けることが多く、実行には至っていませんでした。

 いつか、お手伝いできたらいいな
とずっと前に感じた記憶からか、今日は反射的に体が動き、躊躇する間もなく、声掛けができました。
「肩を貸す」ことはすっかり忘れていたけど、思い出せたので、また次の時に活かせたらいいか、と少しずつバージョンアップできたらと思っています。

 今日、私に初チャレンジの機会を下さった男性の方、天使たち、拙い方法でのサポートになってしまいましたが、ご縁を頂き、ありがとうございました。

 





記事へトラックバック / コメント


シーズン開幕

2015/10/30 14:13
 フィギュアスケートグランプリシリーズ初戦が、アメリカ大会から始まりました。
先週のこの大会、初出場の宇野昌磨選手がなんと、二位!
日本男子のGPシリーズ初出場では、最高のランクインだそうです。

 宇野選手を知ったのは去年のジュニアグランプリファイナルで一位になった時。
フリーの「ドンファン」が彼によく合っているのと、美しい曲線を感じさせる滑りに、目が離せなくなりました。


画像



 羽生選手のスケーティングも素敵だけど、彼はどっちかというと一歩距離をおいて
「すごいなぁ」と尊敬する感じ。

 対して宇野選手は、近所の高校生に気さくに
「応援してるよ〜」と声掛ける感じ。
親しみやすさが、彼のキャラクターの魅力かもしれません。

 今年がシニアデビューの年なのに、しっかりとファイナル出場を見据えているところもチャレンジ精神が豊かでますます応援したくなります。

フィギュアスケート公式サイトに選手の紹介があるのですが、宇野選手はそこに今年の目標として、ファイナルに出れるよう頑張りたいとコメントしてました。
う〜ん、見てるところがそこって、すごいですね。

 おもしろかったのが、趣味の欄。
テニス、ゲーム、入浴。
入浴って、長湯すること?
去年はゴルフって書いていたような気がするけど、突っ込みたくなる一面もかわいいです。

 小塚選手は毎年おもしろいことを書いてて、今年のコメントも「ぷっ」と思わず笑ってしまいました。
選手の紹介サイトはこちら
http://skatingjapan.or.jp/national/national_list.php?sports_id=2

 明日が羽生選手が出場するカナダ大会で、今後毎週、GPシリーズが開催されます。
各大会(出場は2回まで)で得たポイントの高い上位6人がファイナルに進むことができる仕組み。
(去年、中国大会で羽生選手がケガをしたのが印象に残っている方も多いと思います)

 小塚選手は体調面から1試合しか出れなくなったのでファイナル進出は難しいですが、羽生、宇野選手を始め、各選手の最高の演技を毎週楽しむことができる、素敵なシーズンに入ったことをとてもうれしく思います。

 個人的に一番応援しているのが、宇野選手。
フランス大会に期待しています!

 とりあえず、明日からのカナダ大会はオンタイムで観れるように時間確保済みです。



記事へトラックバック / コメント


淡路島へ

2015/10/24 21:06
 淡路島へ行って来ました!
目的は伊弉諾神宮と近くにある香りの丘公園。
十年以上前に訪れた記憶がぼんやりあるだけで、久しぶりでした。

 三宮から高速バスで一路郡家へ。
郡家で路線バスに乗り換え、二時間くらいで神宮に到着。
強い気は感じましたが、蜘蛛の巣があちこちに見られました。生き物の営みを大事にしているというポリシーなんでしょうか、ほんとに蜘蛛の巣が多かったです。

画像


 本殿で参拝し、周囲を散策。
金木犀が一角にあり、とてもいい香りを放っていました。

 

画像


 有名なご神木。
もともとは二本だった木が一本になったそうです。
かなり、大きい。上を見上げれば、まるで躍っているかのように枝を伸ばして二本の木の境目が見当たらないのが魅力でした。

 池もあり、憩いの場に。
桃の絵馬を奉納してきました。桃の置き物がありましたが、「これ、前来た時に買ったのだ」と思い出し、懐かしさでいっぱいに。

画像


 しばらくゆっくりして、徒歩で香りの丘公園へ移動。
近いけど、坂道です。

画像


公園は樹木が植えられていて、東屋がある作り。
シートをひいてのんびりするという感じではありませんでした。
セージが見頃で香りもよかったです。

画像


 しばらく寛いでまた同じルートで三宮へ。
車で行ったら、もっといろいろと楽しめると思います。
いいお天気でゆっくりできて、気分転換になりました。









記事へトラックバック / コメント


期待以上のおもしろさ

2015/10/17 18:17
 予告編でちらっとみた、NHKのドラマがおもしろそうだったので2回目から録画して見ています。
タイトルは「洞窟おじさん」。
リリー・フランキーが演じる主人公は13歳で家出し、その後洞窟で暮らしたり、川で釣りをしながら生きていく男性の半生を描いた、「ほぼ実話」というドラマ。

 これが、予想外の展開でおもしろい!
親に虐待されて家出した後、山の洞窟を住処とし、野生の生き物を狩っったり、蘭を採ってお金にかえたり。
そのうち、人恋しくなって山を降り、川に住むように。天然のうなぎを獲って生計を立てるも、偶然再会した兄の子供に懐かれて、家族が欲しくなるけど、決まったことを決まった通りに続けることができず・・・
次から次へと話が展開していくので、飽きません。
生きていく上で、いろんなことが起こり、いろんな人と出会い、思い、感じることもあるけど、なんだかんだでマイペースな洞窟おじさんは、自分に正直なところが魅力なんだと思います。
まっすぐだしね。

 虐待されてたことで、「自分のなにが悪かったのか、ずっと考えていた」というセリフがあったのですが、これに対し、「理由なんかない。捌け口が必要だったんだ」と語る兄の言葉で、洞窟おじさんの人を信じることができないという気持ちが和らいだのか、さらに恐怖になったのか、その辺がもっと描かれていたらさらに踏み込めてよかった気はします。その辺、あっさりスルーしたのが少し残念。

次回、最終回、どんな風に終わるのか、予想ができず、とっても楽しみです。






記事へトラックバック / コメント


ちょこっと銀座

2015/09/19 09:19
 最近東京に行くことが多いのですが、ほぼ目的を果たすのみのスケジュール。
そんな中、少しだけ時間があったので、銀座に立ち寄ってきました。

 銀座と言えばお買い物、のイメージですが、この時は友人の案内の元、コパショップへ。


画像



3Fまでコパさんのオリジナル商品が所狭しと並んでいました。
このショップを楽しむコツは3Fから1Fとと上から下の順に見て回ることだそうです。

あらゆる隅に盛り塩が配置されていて、徹底してるなぁというのが感想です。
また、1Fに神社もあるのでお買い物の際にお参りもできます。



 お次はヴァンクリフ&アーペルの路面店へ向かったのですが、途中、噂のビル、銀座888ビルを通り抜けました!
888と名付けられたこのビル、パワースポットと言われているそうです。


画像




 願い事を心の中で唱えながら、通り抜け、ヴァンクリフ&アーペルへ。
比較的新しいモデルの試着や今年のクリスマス限定品などの情報を頂き、短い銀座でのフリータイムを楽しみました。

 次回はゆっくりと来てみたいです。




記事へトラックバック / コメント


コドモシリーズ

2015/09/03 19:08
 以前、ご紹介したコドモ警察のシリーズ、「コドモ警視」がDライフで再放送されています。

 Sexy Zoneメンバー、マリウスくんが主役のお話なんだけど、本庁勤めのエリートらしく、いちいちキメキメなところが笑いのポイントになっています。

お決まりのセリフは「謎はざっくりと解けた」。
「ざっくりと」なのに、ポージングして真顔で言うのがいい。

 そして毎回、コドモ警察のメンバーが誰かしらちょこっと出てくるのも、楽しみのひとつ。
面白さで言えば、やっぱり人数の多かったコドモ警察なんだけど、メンバーひとりひとりにフォーカスしていくシリーズもなかなかおもしろいなぁ・・・と録画して見ています。

 再放送ですが、興味のある方、ぜひご覧ください♪









コドモ警視 DVD-BOX [DVD]
ポニーキャニオン楽天市場店
タイトルコドモ警視 DVD-BOX商品番号PCBG-61567発売日2013年7月3日作品種類DVD


楽天市場 by コドモ警視 DVD-BOX [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







コドモ警察 DVD-BOX [ 鈴木福 ]
楽天ブックス
鈴木福 勝地涼 マリウス葉 福田雄一発売日:2012年10月03日 予約締切日:2012年09月24


楽天市場 by コドモ警察 DVD-BOX [ 鈴木福 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へトラックバック / コメント


天使の導き 更新しました

2015/07/24 12:28
 別ブログ 天使の導きを更新しました。
何を選び、どこに向かっていけばいいのか見失ってしまった時に、感じたことをシェアしています。

こちらからご覧頂けます↓
http://blog.goo.ne.jp/divineangel



















記事へトラックバック / コメント


高知滞在 室戸編

2015/07/12 20:26
 

 二日目は高知の東部、室戸へ。
台風の中継とか、通過情報の時、よく、室戸の地名を聞くと思いますが、東西に長い高知県の東にある岬のあたりになります。高知市内から3時間もかかるという遠さ!

遠足で行った記憶はありますが、海しかなかった気がする。
結局、お弁当を食べるしかすることがなく、往復6時間もバスに揺られるだけの一日だったような・・・

 その記憶通り、やはり室戸は遠かった。
今は途中まで電車が通っていますが、バスとの接続もあまりよくないので、車で行くのがベターです。

 高速道路も途中、少しだけできていますが、料金所もなく、「ほんとに高速?」と不思議な気分に。

 室戸のお目当ては他でもない、海洋深層水の施設。シュウ・ウエムラのスパ施設ができた当時から行ってみたかったのですが、

・高知市内から遠く
・宿泊費用が結構いいお値段

なこともあって、行けずじまいでした。


画像



 いつのまにか、経営が星野リゾートに変わり、近くに宿泊しなくても利用できるシレスト室戸ができているのを知り、ぜひ行ってみたい!と調べていくと、高知市内から送迎バスが運行しているのを発見。すごい長距離にも関わらず、無料という気前のよさに「絶対行こう!」と決め、スケジュール調整し、行けることになりました。

 海洋深層水の露天風呂を始め、海洋深層水のプールがあり、そこで色々なアクアエクササイズができます。
露天風呂も海洋深層水。
寛いでいると、蟹の姿が見えたり・・・

 レストランもあるのでランチ可能です。
ここでも帽子パンを売っていたので食べ比べ。
ツバ部分は固めがすきなのですが、ここも永野旭堂のように、しっとりめの食感。


画像



 近くには弘法大師の巨大像がありました。
お遍路さんの姿も見かけ、懐かしい気分に。子供の頃、お遍路さんをよく、見かけたものです。


画像



 帰りも送迎バスに揺られて高知市内へ向かいます。
途中、道の駅で見かけた「すりみドッグ」、オーダーしたのですが、「5分かかります」と言われ、断念。おいしそうなのに、残念・・・

はりまや橋バス停で降りると、目の前に、宮尾登美子さんの作品、「陽揮楼」の舞台、「徳月」があります。


画像



がっかり名所と言われがちですが、それでも、観光客が写真を撮っている、はりまや橋を眺めつつ、アーケード街を歩きます。


画像



この日は、帯屋町の夜祭り企画をやっていて、昨日とは打って変わって、賑わっていました!


画像



夜店感覚で売っているジャンボ帽子パンにも心惹かれたのですが、さすがに連続は厳しいので、見るだけに。

どこから人が集まったのか、不思議に思う程、人、人、人で三宮センター街よりも盛況。

和小物を取り扱う「HONIYA」でしばらく商品をみて、日航旭ホテルへ。


画像



龍馬も泳いだ鏡川を見下ろすロケーション。
はりまや橋からは少し離れていますが、朝ご飯が高知のおいしいもの、みょうがや鰹のたたき、ゆずなど使ったメニューが充実しているのでお薦めです。
特にみょうがにハマり、神戸に帰ってきても、みょうがを買って、料理しています。
あの香りがクセになるのかも?


画像



 久し振りの高知滞在でしたが、大きな商業施設がなくなっていたり、高知一賑やかな場所にあった小学校(広末涼子が通った学校)が統合に伴い、取り壊されているのに驚き、時の移り変わりと少子化を実感しました。

 メインストリートのはずの商店街もシャッター降ろしているお店が多かったし。一体、みんな、どこで何を買うのか? 近年できたイオンなのかな。

 慣れ親しんだ土地が、知らぬ間に知らぬ場所になっているなあ・・・と感慨を覚えた滞在でした。



 








記事へトラックバック / コメント


高知滞在 市内編

2015/07/03 23:00
 久しぶりに高知へ。
ず〜っと、ご無沙汰してたのでネイティブだったはずの土佐弁もおぼつかない状態でしたが、はりまや橋に着くと、「懐かし〜」と声に出そうになりました。

 西武百貨店がなくなったことは聞いてたけど、跡地がどうなったのかも知らなかったし、菜園場あたりに高層ビルが建ってると噂に聞くだけで、日航旭ホテルに足を踏み入れるのも初めて。

 すっかり、浦島太郎になってましたが、荷物を預けて目当てのお店に出発
高知県民以外の方には珍しいでしょうが、県内では当たり前に食べている帽子パン。
ときどき、その素朴な味が恋しくなって、今回高知に行ったら、絶対帽子パンを食べる!と決めてました。
帽子パンはツバの部分が固くて程よくあまい。ツバ以外の部分は柔らかく、ほんのり、あまい。

画像


 通っていた高校から歩いて行ける距離にあるパン屋さんで帽子パンを編み出した永野旭堂の製品を買うことができます。高校時代は購買に帽子パンはなかったので、同じ永野旭堂の「コンビ」というパンをリピしていました。
 ココア風味のスポンジ生地をややパイっぽい生地でぐるりと周りを包んでいる商品です。

画像


 このコンビと帽子パンを目的に、はりまや橋から10分ほど歩きました。
イートインできるので、店内で頂きます。
とっくにお昼を過ぎていたのですが、モーニングセットをオーダーするお客さんが多かったです。
ランチ代わりでしょうか?

 食べ終わったら、南へ下ります。はらたいらなど多くの漫画家を生んだ背景を持つ高知では、まんが甲子園なる企画を開催しており、受賞作品が道沿いに展示されています。

画像


日曜日には市場が立ち並ぶ追手筋を歩き、三年間通った学校を懐かしく塀の外から眺めながら、高知城方面へ。

画像


板垣退助像と高知城。

画像


すぐ近くにある県立図書館にはよく通いました。山内一豊公の像があります。蓮が咲く、お堀の周りを歩き、大橋通へ行くと、マツコに似たマネキンが店先に。

画像


 帯屋町は高知のメインショッピングストリート。だったのですが、知っていた商業施設はなくなっていたり、シャッターの閉まったお店も・・・ 少し寂しく思いながら、中の橋の金高堂へ。おそらく高知で一番書籍が揃っている本屋さんです。
ここも高校生の時、よく立ち寄ったスポットです。洋書を眺めては未来に思いを馳せた記憶が蘇ってきました。
 
 帯屋町を東に歩いて大丸へ。西武はなくなったけど、大丸は賑わっていました。
子供の頃、ここの食堂でお子様セットとかよく食べたものです。地下フロアで久保田食品の生姜アイスを食べて休憩。さっぱりと後味のよいアイスでした。

画像

 

 大丸のすぐ向かいにある、とさテラスでカツオ人間グッズを見て、「!!!」と心動いたのですが、空港の方が限定商品があるかも?と思い留まりました。

 その後、懐かしい場所を散策したら、いい時間になって、待ち合わせたメンバーと夕食へ。
 カーサ・ブルータスで「日本一おいしいジェノベーゼ」と紹介されたイタリアンのお店、バッフォーネ。
もちろん、ジェノベーゼは外せません。

画像


 改まったお店ではなく、カジュアルな雰囲気なので、気兼ねなく、お喋りを楽しむことができました!
お料理はシェフのお任せにしたのですが、前菜からすべて、おいしかった
中でも、看板メニューのジェノベーゼはやっぱり絶品!
高知に行く機会があれば、お薦めしたい一品です。




記事へトラックバック / コメント


ジャスミンの予感

2015/06/11 23:07
  最近更新をお休みしてましたが、今日はテレビを観てツボに入ったことについて書きます。

 まずは、NHKの少年倶楽部。
ジャニーズの若手グループが出演している番組なんですが、その中で去年デビューしたジャニーズWESTが「男とは」というお題に対してひとりずつポーズをキメながらコメントしていくコーナーがありました。
これが、めっちゃ、笑えた!

 メンバー全員関西出身なので、なんとなく身近に感じ、応援していたのですが、ここまでおもしろいとは・・・
同じ関西出身の先輩グループ関ジャニ∞にも負けないおもしろさ!
(∞もWESTも同じ7人構成)

 ハートシェイプのカラフルなサングラスにキラキラの派手な衣装に身を包んだ彼ら。
その出で立ちでポージングしながら、「男とは」を語る。
それだけでも笑いそうなのですが、
このコーナーで特にウケたのが、中間くんの
「男とはしかし女には振り向いて欲しいものである」
というコメント。
「しかし」っていう言葉が効いていて、すっごくいい!
その「しかし」のひと言で多くを語らなくても伝わってくる!
グループのブレイン担当っていうだけあって、ワードのセンスがいい。
ウィンクしながらだったんだけど、その後照れ笑いしたのも、いい!

 だけど、目立つハットを被るのは本人の趣味なのか、グループの意向なのか。
ブレイン担当なのにアンバランスさが謎です。
お茶目な面をアピールしたいのか、彼独自のセンスなのか?
中間くんについてはいつもハットが気になります。

 続いて、言い得て妙だなあ・・・と思ったコメントは天然キャラで名高い藤井くん。
月9にも出てるイケメンですが、その天然っぷりには数々のエピソードが。
そんな藤井くんのコメントは
「男とは永遠の思春期である」

 確かに〜
頷いちゃいました。

天然キャラだけど、核心を突いたコメントにギャップと新鮮さを覚えました!
ギャップって大きければ大きいほど、印象に残るし、感動します。
・・・もしかすると、中間くんのハットもギャップ狙い?


 そしてその後、観たのがTOKIOカケル。
先輩グループTOKIOの冠番組にジャニーズWESTのメンバー、4人が方言女子としゃべろうに出てました。

 ある調査によると、男の子が好きな女子の方言は
1位.京都弁
2位.博多弁
3位.大阪弁
 
なのに、関西方言女子が登場する機会が少ない、その良さを知って欲しいという企画を持ち込んで関西出身の4人は参加したにも関わらず、見事、TOIKOメンバーが押す熊本方言女子に骨抜きにされちゃって終わるという始末。
しかも、4人全員が!
ああ、不甲斐ない・・・

 熊本女子の方言に射抜かれながら、動揺を隠せない微妙な表情と、結局落ちてしまったトロケ具合が見所でした!
 

 デビューして一年と少しですが、彼らの魅力って、カッコいいこともできるけど、よくないとこも全部見せられる気取らないフランクさじゃないでしょうか?
親しみやすい、おもしろい、でも濃すぎない・・・

 同じ日に同じグループにめっちゃ、笑かしてもらって、この日はすっきりと眠りにつくことができました。
笑いって大事です。
気になること、引っ掛かることがあっても、大笑いできると、ある程度洗い流せるから。
笑いのポイントって人によって違うけど、私はジャニーズWESTの笑いがスコーンとツボに入りました!


 先週、ポートアイランドの駅で下車したら、女の子がすごいいっぱいで誰のコンサートだろ?と観察したら、ジャニーズWESTだったんです。
この時は「あ、おもしろそう、いいなあ」程度だったんですが、今、来年参戦してみたいなーの、テンションになってます。


 嵐はアラシック。
関ジャニ∞はエイター。
Sexy Zoneはセクシーガール(セクガ)。

 グループそれぞれにファンの呼称がありますが、ジャニーズWESTはジャスミン(ジャス民)。
元エイターで今セクガの私ですが、そのうち、ジャスミンにもなってるかも・・・
と予感を覚えた週でした。
















記事へトラックバック / コメント


練習中

2015/05/24 22:33
 今さら?と言われそうですが、タッチタイピング(ブラインドタッチ)の練習を、今日から始めました。
できたほうがいいと頭では思っていても練習に至らず、放置すること十年余り。
やっと、腰をあげ、やり方をネット検索し、取り掛かったのでした。

 最初は基本のポジションから。キーの突起を頼りに手を置きます。
次に母音入力の練習。
それから、左右の手の位置範囲の把握。

 ざっとここまで来たら、実践あるのみと今、このブログを書いています。
いつもよりめちゃめちゃ時間かかりますが、なんだか、それさえも愛おしい感覚。
でも、慣れないので、正直、腕は筋肉痛です。
急いでるとつい、キーを見ちゃうけど、少しずつでも早く打てるようになっていくのが実感できると「進歩してる!」と、うれしくなります。

 学問に王道なしって言うように、練習あるのみ。
地道に続けて行けば、年末には習得できてるかも?
何事も継続が大事ですよね〜






















記事へトラックバック / コメント


今期見てるのは

2015/05/15 22:00
 
 今クール見てるドラマ、少ないのですが、
「アルジャーノンに花束を」
「ドS刑事」
「コドモ警察」
「49」
の4作品。

 うち、「コドモ警察」と「49」は再放送だけど、当時見てなかったので、新鮮な気持ちで楽しんでいます。
「アルジャーノン・・・」はご存知の名作でドラマも毎回泣けるし、欠かせません。
「ドS・・」は大倉くんの役柄のリアクションがおもしろいのですが、最もハマっているのが、意外に「コドモ警察」。

 鈴木福くんが「太陽にほえろ!」の石原裕次郎っぽい立ち位置で、熱演しています。
他の子役たちも個性豊かでいい感じ。

 かいつまんで内容を話すと、追っているレッドヴィーナスの策略によって、刑事たちは子供になってしまう。子供になった彼らは仕事しつつ、小学校に通うのですが、大人の時の性格が残ってて、コンパに行ったり、クラスのおしゃれ番長になったり。
 
 毎回、学校を休めないエピソードがあるのも笑いのポイントになってます。
例えば護衛を頼まれて、
「明日はお楽しみ会の出し物でEXILEをやるから休めない(仕事できない)」とある刑事が断ると、
同僚から、「EXILEだったらひとり欠けてもいいじゃん」と指摘され、
「ATSUSHIを担当するから無理だよ・・・」と肩を落としながらもちょっと自慢げに(大人の義務感と子供の無邪気さが同居してる?)、やり取りするのもおもしろい♪
「次からはUSAにしとけ」とデカ長の福くんのツッコミもいい。

 さらに福くんは小学生の姿になっても、渋いこと言って、吉瀬美智子さんをうっとりさせてるし。
ツボにハマりました!
小学校に通いながら刑事の仕事もする彼らは、可愛らしく、飽きません。

 これって映画にもなった作品で、放送された当時、話題になったんでしょうね。
なぜ、オンタイムで見てなかったのか、不思議なんですが。
30分という枠もあっさり見れてちょうどいいし、ニックネームも「太陽にほえろ!」を見ていた世代にとっては懐かしいものです。

 毎週、彼らの活躍を楽しみに録画再生しています♪
大人も子供もほんわか楽しめるドラマとしてお薦めです。










記事へトラックバック / コメント


近場で過ごすG/W

2015/05/08 20:55
 G/Wは神戸市内から出ずに過ごしました。
例年は神戸市立森林植物園でのんびり過ごすことが多いのですが、今回初めて六甲ガーデンテラスへ。

 駅があるJR六甲道、阪急六甲とは気温が違って、まさに山。
この辺りに来るのは、大学の時、筝曲部の演奏会に向けた合宿でセミナーハウスに籠った時以来かな?
話は横道に逸れますが、お琴って正座でかつ、前傾姿勢で奏でる楽器なので、結構つらく、気分転換を求めても、周りにコンビニもなく、お菓子で疲労を紛らわせることすらできなかった数日間は、苦痛でしかありませんでした。

 そんな思い出がある六甲山ですが、緑はきれいだし、お天気がいいと夜景もきれいです。
行った日は満月が出ていました!

画像


 ジンギスカンのレストランやパワーストーンなど、いろんなショップがある、観光地。
ここに行くまでにカーブが続くので、乗り物に弱い方は酔い止めを使うことをお薦めします。

 少し離れた場所にカンツリーハウス、高山植物園、オルゴール館もあり、一日見て回るスポットがあります。宿泊するなら、六甲山ホテルがお薦め。


 別の日には、メリケンパークへ。
ず〜っと入ってみたかったオークラの近くにある、巨大な魚のオブジェがあるフィッシュダンスカフェ。

画像


メリケンパークは駅から離れているので、来る機会も少なく、「入りたい」と思い始めてから長い月日が経ちましたが、やっと、そのドアを押すことができました。(別に敷居が高いお店ではありません)
ランチでオーダーして気付いたのですが、tooth toothの系列なんですね。
道理でパスタが多いはず。

画像


tooth toothサロンより空いてるし、天井も高くてのんびりした空気が漂っていて、いいのですが、喫煙OKの環境は辛いです・・・
禁煙になったら、また行きたいな。

 地味に近場で過ごしたG/W。
まだ、割と近所にあるのに行けてないのが酒蔵。
機会ができたら行ってみたいと思います♪


記事へトラックバック / コメント


沖縄2 斎場御嶽へ

2015/04/25 20:34
沖縄二日目は、一日目の首里城と同じく、世界遺産に登録されている斎場御嶽を目指します。
ゆいレールに乗って、旭橋で降り、バスターミナルへ。
バスターミナルは工事中で、乗りたいバスは少し離れた停留所が始発になっていました。
ここから約一時間かけて目的地へと向かいます。
途中、バスの営業所でバスを乗り換えるよう、運転手さんに言われ、年季の入った車体へ。
少しずつ、海が見えて来て、気色も緑が多くなり、解放感が増していきます。
御嶽入口の停留所を降りたら、左手に入場券を買う場所があったのですが、知らずに、そのまま御嶽へ。
御嶽の入り口で「入場券ないの?」と聞かれ、「?」の状態に。
ここでお金を払えば、中には入れますが、入場券なしになります。
注意事項のDVDを見たら、緩やかな坂を上り、祈りを捧げる区域へと入って行きます。

画像


 よくガイドブックに載っている、三角形の場所。
観光客もここに集中しています。

画像


 くぐって行くと、左手が開けていて、遠くに久高島を見ることができます。

画像


ここはとっても気持ちがよくて、離れたくないくらいでした。

画像


 せっかく、海の近くまで来たので、公園で一休み。
画像


穏やかな風が、空が、海が、いろんなものを洗い流してくれる感覚。
受容的な、女性性、母性の気で満ちていました。

画像


 また同じバスでバスターミナルへ。
全然、ショッピングしてなかったので、国際通りへ。

画像


ここも前に来た時の印象とは全く変わっていました。

画像


琉球ガラスのハート型グラスを買って、まだ時間があったので、DFSへ。
ヴァンクリーフ&アーペルに行ってみました。
目安として本土で購入するより、だいたい10%以上OFFになるらしいです。
 今度沖縄に来る時に欲しいものがあったら、ぜひ利用してみたいと思います。事前に電話しておけば、取り寄せ可能なアイテムは用意して頂けるそうです。

 一泊二日と短いステイでしたが、沖縄本島の雰囲気が全く変わっているのに驚き、また、その変化をうれしく思いました。
 深い悲しみを乗り越え、犠牲者ではなく、本来の良さを取り戻した勇気とパワーを見習いたい・・・それが今回の旅のメッセージだったのかもしれません。


記事へトラックバック / コメント


沖縄1 首里城へ

2015/04/17 23:24
 一泊二日で沖縄に行って来ました!
本島を訪れるのは三度目。
今回、二十年振りくらい?の観光です。
というのも、それまで二回訪れた際、印象があまりよくなかったから、石垣や久米島といった離島に切り替えてステイしていました。
久し振りの本島、那覇にステイして感じたのは以前と全く雰囲気が変わっていること。
前は悲しみとやり切れなさをすごく感じてしまって、観光を楽しむことができませんでした。
琉球王国だったのに、日本に併合され、そのうえ、戦争では本土のために大きな犠牲を払ったにも関わらず、戦後もまだその重荷を背負わされている・・・という空気を感じて、しんどかったのを覚えています。
だから、沖縄の印象は「深い悲しみ」と「行き場のない絶望」だったのですが、今回訪れてみて、ガラっと変わっているのに驚きました。
 暗い面影はなく、沖縄本来の柔らかさ、優しさ、おおらかさが漂っていて、とても過ごしやすかったです。

 一日目:神戸空港から那覇へ。
ゆいレールでホテルへ。

画像


おもろまちというDFSがある駅のホテルに宿泊しました。大きなスーパーが入っている商業施設もあって、便利な場所です。
 荷物を預けたら、首里城へ向けてまたゆいレールに。
ゆいレールは24時間パスと48時間パスを販売しているので目的に合わせて使うと便利です。
首里城向けて歩いていると、コンビニが。
世界遺産、首里城にあわせてなのか、とっても沖縄チックな作りでした。

 そのすぐ近くに「玄米」というノボリを見つけ、ランチすることに。
玄米を使った様々なおむすびが購入できるお店ですが、沖縄らしく、タコス結びなともありました。
スープと一緒にイートイン可能です。

画像


ゆっくり時間をかけて味わって、お腹を満たしたら、再度、首里城向けて出発。

 沖縄に限らず、他の日本国内でも、ヨーロッパでも、アジア系観光客グループが目につきます。
バブルの頃の日本人もこんな感じだったのかなーと思いつつ、彼らの間をすり抜けて、守礼の門をくぐります。

画像


琉球舞踊が時間によって見れます。
この日は四種類くらいの舞を披露してくれました。

画像


 
 御嶽。

画像


 さて、チケットを求めて有料区域へ。
ゆいレールパスを見せると、割引料金で入場券が買えます。

画像


 首里城。
ずーっと以前に来たことがありますが、記憶と違っていて、あれ?って感じでした。
もっと、広かったような・・・?
 靴を脱いで中に入り、いろんな展示物を見ることができます。
写真OK区域が一部あります。

画像


 お城を出たら、京の内へ。
沖縄らしい植物を見るのも楽しいです。

画像


民族衣装をまとった案内の方々はとても親切で、こちらから聞かなくても、声を掛けてくれます。
首里城公園をのんびり歩いていると、風が気持ちよくて、こんなところに住んでいると諍いとかする気にならないんだろうなあ、と気持ちがゆったりしてきました。
 駆け足の観光ではもったいない、沖縄のゆるやかさを体感するのが旅の醍醐味だと思いました。

今年の四月は雨が多く、那覇でも雨の予報だったのですが、小雨が時々降る程度でこの日は傘を使わずにすみました。

画像


マンホールの模様が魚になっているのもかわいいですよね。
晩ご飯は見ているとどれも食べたくなって、フーチャンプル、沖縄ドーナツ、スイカというよく分からない組み合わせで頂きました。
沖縄ドーナツは中に紅芋が入っていて、めちゃおいしかったです

 次回、二日目の斎場御嶽編へと続きます。



記事へトラックバック / コメント


未来エキスポ2015

2015/04/03 20:52
 
 未来エキスポ2015が神戸ポートアイランドにて開催されています。
母体は日本医学会ですが、医療従事者のみならず、市民はもちろん、医療に関心のあるお子様にも興味を持ってもらえる体験コーナーもあって、連日賑わっています。

 私も初日に行って来ましたが、盛況でした。
会場はテーマにそって、
*サイエンスアイランド
*スマートアイランド
*メディカルアイランド
*ヘルスケアアイランド
の4つのアイランドに分かれています。

 スマートアイランドではロボット介護機器の展示、
サイエンスアイランドではips細胞を顕微鏡で見たりすることができるのも、こういった機会ならではの試み。
ヘルスケアアイランドでは専門家による測定結果の見方の説明会も実施されています。

 難点は春休みだけあって混んでいること。
体験ブースではかなり待ち時間が発生する場合もあります。

連携イベントとして近隣で神戸グルメエキスポも開催されています。

未来エキスポ2015のホームページはこちら
http://miraiexpo2015.jp/














記事へトラックバック / コメント


2015年の旅行月

2015/04/01 19:17
 最近、暖かくなってきてうれしいです。
毎年、旅行月にどこかへ行くことが多いのですが、今年の旅行月は4月。
風水の暦でいくと、4/5〜5/5までが対象期間となります。

 この時期に自分にとっての吉方位へ行くことによって(自宅から35km以上離れた場所)、その土地のパワーを通常の時期よりも6倍頂けるという期間です。
なので、日程の都合がよければ、旅行月に吉方位を訪れています。

 中でも、10倍になる日があって、この日を出発日にすれば、さらに強く運気を吸収することができるそうです。今年で言うと、4/8、17,26,5/5。
この日に吉方位へ出発する旅をプランニングするのって、すごく毎年楽しいです☆

 吉方位の選び方はまず第一に、行きたい場所であること。その次に、温泉がある、パワースポットがある、を重視しています。

 方位によって、お薦めの観光場所とかもあるので、できる限り、その方位に合わせています。(例えば南だったら、海辺、北東だったら、山など土地から運気を吸収しやすい性質があるので興味のある方は風水の本をご覧になることをお薦めします)

 ちなみに私は上記の10倍デーに沖縄へ行く予定にしています。近場でも35km離れた場所だったら、有効ですので、機会があれば運気を頂いてみてはいかがでしょうか?








記事へトラックバック / コメント


湯快 初体験

2015/03/06 21:20
 湯快リゾートを初めて利用しました。
平日でも休日でも均一料金なのが、ウリですが、キャンペーン中だったので、さらにリーズナブルな価格で利用することができました。

 行先は白浜。白浜には二施設ありますが、千畳敷が近い、ホテル千畳をセレクト。
バスの運行があるので、今までチェーン系を避けていましたが、今回宿泊を決めました。三宮から途中市場で昼食休憩の時間をはさみ、一路、白浜へ行けるのって、めちゃ便利!

 ただし、三宮→白浜のバスは新大阪を経由するためか、すごく予約が取りにくいのでご注意を。ホテルは取れても、バスが取れない日が多いです。バスは黒潮市場に立ち寄るので、そこでお買い物もできます。

 着いてみて・・・ホテルはと言うと、お値段相応でした。お部屋もだし、従業員の接客も。

 よかったのは卓球、マンガ、カラオケコーナーが利用できること。ただし、卓球、カラオケは先着順 なので、早めの予約が必須です。

 朝夕ともに食事はバイキング形式ですが、これも値段相応。ホテルとしては、食事に力を入れている印象だったけど、制限時間の途中から、急に、「名物の○○ができあがりました」とアナウンスされても、もう、お腹いっぱいだったりするので、初めから分かるように入口にでも掲示して置いてくれたら便利なのに・・・と思いました。

 続いて、お風呂。お風呂に行くまで、階段が続きます。バリアフリーにはほど遠いのでご注意を。露天風呂は海が見える位置にあるのですが、その分、遠く、さらに階段が多いので不便です。遠くて不便な位置にあるにも関わらず、それほどいい眺めでもないので、露天風呂目当てでホテルを選ぶ方にはお薦めしません。

  お風呂からあがって、着替えようと思ったら、なぜか、浴衣の帯がなくなっていました・・・ 誰が何のために持って行ったのか? 不思議です。

ということで、リラックスできる環境ではありませんでした。リーズナブルに、がやがやした雰囲気を楽しみたい方にはお薦めかもしれません。コンビニも近くにあり、立地はいいですが、お部屋からの展望はあまり期待できません。

 観光名所、千畳敷 ↓ には歩いて行けます。

画像




記事へトラックバック / コメント


天使の導き 更新しました

2015/02/20 22:00
 別ブログ、「天使の導き」を更新しました。
テーマは「優しさ」。

こちらからご覧頂けます。
http://blog.goo.ne.jp/divineangel






記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

リンク集

ANGEL BLESSING 天使の祝福/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる